比企郡 闇金に強い弁護士


闇金に強い弁護士

比企郡の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

比企郡の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

比企郡の闇金に強い弁護士でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

もしカードローンの利用が2010年までにあるなら、いわゆる過払い金と言う、戻ってくるお金があるかもしれません。もしも過払い金が発生していたら、過払い金請求をすることでただし、債務整理扱いになるので、今も借入中であるなら同時に返済も一括で済まさなければ元々過払い金の請求は完済後にするものなので完済後に行ってください。うっかりカードローンの返済を遅らせてしまったら、カードローン会社からの連絡が自分の携帯電話に、もしくは、家電に掛かってくるはずです。そこでカード会社に支払い可能な日を知らせると、催促の電話はその日まで掛かってきません。と言うのも、貸金業法というものがあって、ひどく催促されることになりますから、

他の人の名義を使ってカードローンの契約を締結することは許されていません。本人が自己の名義で契約を結ぶことを要します。このことは自分の収入がない主婦が夫の所得を元に契約を結ぶ場合も一緒で、契約の際には妻本人を名義人としなくてはなりません。本人が返済に責任を負うのは当然のことです。利用者とは違う人の名義を借りてきて契約を交わした場合には法に触れることになります。仮に同意を与えていた場合には、「名義貸し」の行為自体も法に触れる行為です。大手であればWEB上で入力を済ませれば仮審査ができるサイトを作っているのが一般的です。表示されるのです。しかし、年代や収入、他で借りた金額や今回借りたい金額などの簡易な審査な為、ここで審査に合格したとしても、いざ行動したときに借入が出来ない場合もあります。使用する際は、保証された答えではないことを念頭において使用しましょう。

個人で事業を営んでいる人がお金に困ってカードローンを利用する際、収入が定期的にあるとは評価されにくく、年収を証明する資料提出が無くてはいけません。税務署から収受日付印を押印した書類、たとえば所得証明書や確定申告書、役所からの課税証明書や住民税の決定通知書等で、昨年の年収金額がわかる資料が使われるのです。契約社員であっても収入が定期的にあれば、借入が可能です。この審査で重要視されるのは、契約社員として働いた期間です。これまでにいくつか勤務先が変わったことがあっても、派遣元の会社での在籍期間がよほど短くない限り、全く問題ありません。社会保険証か組合保険証があるのならそれも提示することで、審査が通りやすくなります。普通の金融機関であれば、カードローン申込者には審査を前提とします。これらの審査は、申込者の希望通りの契約となっても返済時に問題が起こることがないかを判断するのです。信用情報として各種ローン契約の利用歴から総合的に判断し、問題なしと判定されれば、合格となります。

もしお金の準備ができなかった場合でも、支払いを引き延ばし、長期間そのままにするのは絶対にしないことです。支払いに遅れるとすぐに信用情報に記録されて、なおかつ放置を続けると、世間でいうブラックだと判断されます。今の借入金を一括で返金しないといけなくなり、その他のローン契約がすべて不可能になります。

闇金に強い弁護士

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼

ページの先頭へ